おすすめの悩み解消方法

男女

自力でも神社仏閣でも可能

異性関係や人間関係、はたまた金運などの様々な人生の運において、なかなか良くないことが解消されないと苦しいものです。その大きな要因の一つに、悪縁というものがあります。なぜトラブルが起こるのか、それは自分を苦しめる悪縁が元となっているのです。好きな人と上手く行かないのは、もしかするとその恋愛成就の邪魔をしている存在があるかもしれません。また、仕事でも自分の働きに見合った評価が下されず、思うようにお給料が上がらずに苦しい生活を送らざるを得なくなるのも、金運を妨げる悪運となります。こうした悪縁と縁切りをして、自分の思うような人生を歩みたいものですが、果たしてそのような縁切り方法は存在するのでしょうか。実は、自力でも他力でもできる縁切り方法があるのです。まず、自力でできる縁切り方法は、いわゆる「塩まじない」と呼ばれるものです。トイレットペーパーを適度な長さに切って、そこに自分の悩みをペンで書きます。この時、叶えたい願いではなく、自分を妨害している要因を書きます。好きな人とうまくいかない、嫌な人に振り回されている、支払いのためのお金が足りない、などのように書きましょう。そして、書いた紙に粗塩をひとつまみ振り掛け、こぼれないようにトイレットペーパーを折りたたみます。最後に、トイレに流しましょう。粗塩は清めのアイテム、流すという行為も清めの行為です。このおまじないによって、自分の運気を妨害するものが去ってゆきます。他力での悪縁切りは、厄除けの御利益のある神社にお参りをすることです。もちろん、仏閣でも可能です。その中で、悪縁切りのおまじないができるところや、悪縁切りのアイテムを授与しているところがあれば、是非行ってみましょう。神仏の力とご加護により、見えない悪縁を断ち切ることができます。