願い事を叶えよう

おみくじ

信じることが大切

おまじないと聞くとちちんぷいぷいなど子どもが使う魔法の言葉という印象を持つが、古来から行われてきたものである。気休めのようにも思えるおまじないは、実は誰でも叶えることができる。強力なおまじないとはどのようなものだろうか。おまじないとは神様の力を借りて、様々な願望を実現させるものである。漢字では御呪いと書き、日本では呪術や呪いとも呼ばれている。呪いというとなんだか怪しいもののような気もするのだか、昔から災いを避けたり、農作物の豊作を願ったりと日常で使われていた。言葉そのものに霊力が宿っているという言霊信仰が基になっており、ある言葉を使うとその内容が実現すると言われている。言葉の力は強力だ。おまじないの前提として、信じていなければ、叶わない。強く願えば、願うほど潜在意識に語りかけ、叶う可能性も高くなる。強く願ったり、言葉にしたりすると実現されていくような気がすることはないだろうか。これが大切なのである。そして自分が信じることができる方法で行う必要がある。よく使われるおまじないには、満月の力、パワーストーンなどの石、塩などがある。強力な力があるというパワースポットと呼ばれる場所に行くのもよい。日本人はよく神社やお寺に行き、恋愛成就、合格祈願、健康長寿などをお願いする。これも一種のおまじないだ。そして人を陥れたり、呪ったりするものは効果はない。いくつもの願い事を欲張ってもいけないのだ。自分の願望をおまじないだけに頼るのではなく、願いや目標に向かって努力し、強く信じることで運を呼び寄せるのだ。一番強力なおまじないこそ、強く願うことである。